マヤ暦占い?マヤ文明に大量に触れて気づいた!

この記事は約3分で読めます。

先日オンライン旅行でマヤ文明遺跡を見てきました。

とても興味深かったですので少しシェア、マヤ文明について。

マヤ文明

紀元前3000年頃から紀元後1500年頃まで、

中南米のグアテマラ辺りに栄えた文明であり、

特に数学や天文学に優れた頭脳を持っていました。

今よりも科学が発達していたと言われています。
それほど高度な文明を持ちながら、

彼らは忽然と消えてしまいました。

未だにその原因は謎に包まれたままです。
マヤ暦とは古代マヤ文明で使われていた暦(こよみ)のこと。
カレンダーですね。なんと、 20種類近くの暦(こよみ)を使っていました。
その中でも特徴的なのは、祭事に利用された神聖暦。
1年が260日の、別名ツォルキン暦。マヤ暦ではこのツォルキン暦を使います。
ツォルキン暦は、13と20の数字の組み合わせです
ツォルキン暦は20の紋章と13の数字の組み合わせを使った
260日間を1サイクルとしたカレンダーです。

別名“神聖暦“と呼び、の暦のサイクルを意識して過ごしていると、

宇宙のサポートが起きてきます。

マヤ文明とマヤ暦

暦でKINは2つの意味をもっています。
1つは、KIN=DAY。
KINは1日を現します。

もう1つは、KIN=人。

KINはその人の誕生日を現すのです。

1のKINは2つの紋章と1つの銀河の音で構成されています。

「太陽の紋章」は顕在意識、自分や他人が気づきやすい特徴。

「ウェイブスペル」は潜在意識、自分でも気づいていない潜在的な特徴や能力のこと

顕在意識は人が持つ能力のたった5%といわれています。

簡単に言うと、意識的にわかるものは「太陽の紋章」

根底に強く流れて深い意味のあるものは「ウェイブスペル(以下、WS)」

銀河の音は1~13まで、13種類。

1つのKINナンバーの中に、必ず1つ銀河の音が入っています。

銀河の音は人生のテーマ*生き方*得意分野を表します。
マヤ暦

まとめ

マヤ暦は占いではないんです。

古代マヤ人の叡知をヒントに生まれてきた使命を思い出していく魔法のカレンダー。

人と違うところを認めると人を受け入れることができ、本当の自分を知ると天職は自然に思い出せるといわれています。

子供は授かりもの、というのが一般的には言われますよね。

でも、マヤ人は

【子供は天からの預かりもの生まれてきた本質の魂を磨いてあの世に送ってあげる】

そう伝えてきたそうです。

本当にそうですよね、自分のものではないんです。

子育て中に学ぶと本当役に立ちますよ。

所有観念を持たず、0の概念没我の精神で過ごしたそうです。
人生は魂を成長させる旅、そのツールとしてマヤ暦が道しるべをしてくれるんです。
誰でも共感してもらえると、嬉しいですよね。
まずは自分から相手を受け入れて、相手も自分の一部である=インケラッチ!

古代マヤ文明はなぜ失われたのか、そして今も原始的な生活をしているマヤ人。

なんと神秘的なんでしょう。

マヤ暦を日々の生活で活用していくというのは、

本来生まれてくる前、私自身がこの世でどのように生きたいか!

を願って生きてきた使命役割を思い出し、本来の自分を生きる生き方のツールです。

その使命役割を見つけ出すまでは私自身の内面を見つめる期間が人それぞれ。

しかし、誰でも魂は叫んでいます、本当のわたしになりたい!!!!!!

必ずあきらめなければ道はあります。

マヤ人の暦の素晴らしさを味わってみませんか?

講座についてはこちらから

マヤ暦占い

 

 



「なんでも創り出せる場所」

 やさしく包み込むように降りて来た光。
この自由度の増した開放された宇宙で
自分自身を育て直す。
新しい自分を大切に育てる。
光の中は神殿。
全てを創り出し育てる神聖な場所。
マリアの光。

 

 

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました