マヤ暦でめっちゃ楽しい人生を

この記事は約4分で読めます。

初めまして、KIN125赤い蛇・白い鏡・音8、珠里(ジュリ)です!

現在36歳

 

韓国伝統結婚式

子育ては楽しいけど、夫との意思の疎通、育児に対する考え、私のズボラさと細かい夫・・

夫婦のぶつかりが始まりました。

韓国で子育て

そんな中で、私は限界で自分というものを失っていました。

マヤ暦に出会ってそれに気づいたのです。

それまでは、自分が鬱手前ということにも気づかず、後頭部はすごい禿げに……

マヤ暦を知って・・・

一番悩みは夫婦の関係、なぜぶつかり合うんだろう、大好きだったのに・・。

私が韓国に喜びを感じ、ニューヨークに違和感を感じた理由も全てマヤ暦が教えてくれました・・。

毎日けなされて、自信を無くす日々。

それから、自分に合うものはなんだろう?
と自問するようになりました。

食堂で働く自分は想像が出来ない、

そして、セッションも受け講座も受けることに、この流れもある意味シンクロでした。

私たち夫婦は、マヤ暦を見ると一切の関係性が無かったのです。

子どもとお互いの母親のつながりで出会った夫婦という感じでした。

それがわかっただけでも、楽になりました。

 

珠里ちゃんは面白いね

 

接してみると意外としっかりしてるし、マメだよね。

 

 



「なんでも創り出せる場所」

 やさしく包み込むように降りて来た光。
この自由度の増した開放された宇宙で
自分自身を育て直す。
新しい自分を大切に育てる。
光の中は神殿。
全てを創り出し育てる神聖な場所。
マリアの光。

 

 

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました